手術について

身近な去勢手術・避妊手術だけでなく、異物摘出、腫瘍、整形外科や機能再建術まで、
集中モニター管理下にて幅広く行っています。
麻酔器や縫合糸は高品質なものを使用しており、動物たちの負担を軽減できるようにしています。

手術について

手術までの流れ

①手術前の検査(診療時間内にご来院)

午前診9:30〜12:30 午後診16:30〜19:00

  • 現在の身体の様子をお伝えください。
  • 麻酔をより安全に行うために血液検査、レントゲン検査、エコー検査などを行います。

②ご予約

獣医師と相談の上、手術が必要となればスケジュールを調整させていただきます。
小さなことでも気になる点やご不明な点があれば、お気軽にお申し出ください。

③手術当日

  • 朝ごはんは7:00まで、もしくは絶食が必要になる場合があります。(詳しくは担当獣医師からの説明があります。)
  • 飲水は基本的に自由に飲ませても結構です。
  • 午前中9:30〜11:00の間にお越しください。(外来の混み具合によってはお待たせすることがあります。時間に余裕を持ってお越し下さい。)
  • 同意書にご記入いただき、当日発生する検査などの費用と内金のお預かり手続きをさせていただきます。

日帰り・入院手続き後にご帰宅

お迎え時に手術状況や自宅での管理方法、薬などの説明をします。
その後、受付にてご精算をお願いします。
※クレジットカードのご利用も可能です。

去勢手術・避妊手術について

手術までの流れは、基本的に同様です。
まずは、診療時間内にお越しいただき、獣医師による診療・手術前検査の後、ご予約をお願いします。

入院日数について

猫の去勢手術・避妊手術、犬の去勢手術は、基本的に日帰りです。
ただし状態に応じて、入院が必要となる場合もございます。
犬の避妊手術に関しては、1泊入院が必要です。
若い健康な子であれば、入院は必要ありませんので、ご安心ください。

TOP